2012年04月28日

朝から大騒ぎ・・・蜂の季節


 朝から妻が大騒ぎ!! 「キャ−!」「ウォ−!」「助けて〜」 

どうしたかと覗きに行けば「でっかい蜂が・・・・・」とのこと。

 昔から些細なことでも大声を出す傾向がある妻、私は「あっ!そう・・」っと素っ気なく返事をして部屋に戻ると、妻がバタバタと部屋に入ってきて「ハチノック」という殺虫剤を持って部屋を後にしました。
 
 たかが蜂1匹でと思い後を追ってみればなんと写真の蜂ではないですか


CIMG5927.JPG

 全長3〜4cmはあるでしょうか想像してた「たかが蜂」を遥かに超えていました。

 妻に「ごめんね」と心で謝りながら、写真を撮りました


 窮地にたつと女は強い



posted by かずま at 07:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

北川村戦没者追悼式


 今年度の北川村戦没者追悼式が4月7日に行われました。現職に就いてから6年続けて参列してまいりました。

場所は村内にある遺族會館でご覧のような會場です。この写真では見えにくいですが正面中央には中岡慎太郎先生の写真が飾られてます。


CIMG5868.JPG

当日の式次第で遺族代表の方のご挨拶のなかで、ここに祀られてる方は164名でその妻にあたられる方が4名になったとご挨拶されてました。

歴史の重みを感じます。


CIMG5869.JPG

私も戦争を知らない世代です。年に一度はこの様な機会を設けて過去を省みることは大事なことですね。

これも田舎にいればこそ想えることですね




posted by かずま at 07:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

春の味覚タケノコ掘り


 今日はお昼から家族でタケノコ掘りに行って来ました。そういえば家族3人で行くのは初めてでした。
場所は自宅より車で3分ぐらいのところですが、竹やぶに入りイザ!!

なかなか見つからず、子供が「あるの?」とやや不信感を持ちながらの問いかけ・・・・・。

地表より10pほど顔を見せてるたけのこ発見!

CIMG5905.JPG

これがなかなかの重労働で、途中掘る道具を取りに帰りました。
結果写真のような収穫でしたが、3人とも慣れないタケノコ掘り、「しんどい!!」を連発


CIMG5907.JPG

早速義母が湯掻いてくれました。今夜の晩酌のあてです。 
 
 今夜は春の味覚を堪能!愉しみです










posted by かずま at 16:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

未熟さが情けない!


 細かいことが結構気になるところと大雑把なところと2つの側面がある自分が分からなくなりました。
つくづくめでたい人間ですね。自分のアホさ加減もここまで来ればもう言葉が見つかりません。
 
 永く務めた会社生活のなかでこんな時期がありました。
 その会社今から37年ぐらい前になりますがその会社の創業から在籍していました。会社もそうですが業種そのものがこれからの時期でした。今ではその業種も産業化され国民生活にはなくてはならない業種となりましたが当時働く社員は若者がほとんどで上司から様々なことを学びました。

そんな中で今でも覚えてる言葉に「議論白熱衆議一決」(ぎろんはくねつしゅうぎいっけつ)

議論とは「戦い・・・ある意味言葉の戦争・・・・・大いにやれ!そして決めたことには全員で目標達成に向けて一丸となれ!!」と。

議論の後には何もなかったかのような組織風土が根付いていましたね。

当時の上司はこんなことも教えてくれました。
「自分の主義主張は大切にし貫け、でも考えに間違いがあると思えば何ら恥ずかしくもないそれまでを詫びて改めよ!」
「課題解決には些細なことも指摘せよしかし拘るな、大事な事は必要なことを決めて全員一丸となって目標達成することだ!」
「個人の判断と組織の判断の狭間で生涯苦しむであろう。判断・行動は常に今と将来を同時に見据えて考え決断せよ。その決断するのを促してくれるのが過去の経験だ!」



これは昨日(4/9付)の続編ですが、今の時刻4/10の午前4時です。
実は昨日の会、当番制で回る会の「組合長」だったんですが、前段でそんなこともあり少し興奮気味でついつい議事進行させることで細かいことに気付けていなかった自分が情けないのです。

指摘をしてきた方が会計を担当してたのですが、監査報告時に2名の監査担当(2人ともこの方のグル−プのかたですが)がいたのですがこの会が始まるまでに監査をしていなかった事を思い出しました。
会の中では形式的には2人の監査報告として処理してしまいました。
細かいことですが同じく組合長にも事前に決算報告がなかったことです。
これらのことも建前で考えればNGですよね。

ここでキチッと指摘しなければいけなかったのですよね!!

これらすごく重要なことですよね。

そんな事がその時に瞬時に指摘出来なかった自分のアホさ加減に本当に呆れます。

自分に対して明らかに敵対心を持って攻撃してくる相手にも自分の中で「まぁいいか!」って思うことは気にならず、何処か許してしまうところがあるようです。
これは気にならないのではなく「自分がアホ!!」なんでしょうね。

この件も当初より「そんなに形式ばらんでも」という思いが今でもあります。

私に攻撃的な方々はきっと勝ち誇り「ざまぁ見ろって!」ってな感じでしょうか?
そんな小さな事より高齢者と独居老人ばかりになる地域をどうするのかを考えませんか?
あなた達のことは誰も指摘はしないでしょう。みんな仲間はずれになるのがイヤだから。

会が終わり自宅で義父母とこの話をする中で普通なら「くそっ!いつか仕返しを」って思うんやろうけどあんまり思えんのよね。俺ってめでたい奴なんやろうねって話してました。



あ〜あ本当に情けない自己嫌悪に陥りますね。これはしばらく脱出できないでしょうね!


posted by かずま at 04:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

田舎の道理???


 今夜は田舎ならではの道理に見事にやられました。何かというと中山間にある2つの集落(約40人)で今夜ある会合が開かれました。(ちなみに出席者は12人「委任状20人」でした)
私はこのブログでもご紹介した通り娘婿として義父母と同じ屋根の下で同居して8年目になります。

集落では自分達で維持・活動しなければならないことが沢山ありますが、何せ少子・高齢で独居老人も年々増えていくような状態です。だからそれらのお世話は出来る者がやらざるを得ない訳ですから、私は義父が当番の時は代わりにそれらの会のお世話をしてきてました。

他の会のときには「代わり」を言った事がありますが今夜の会では言わずも理解されてると思い特に言わなかったことがある人より指摘がありました。

お父さんの名前で招集をかけているのに何故出てこない
体調もあんまりよくないので私ではダメですか?
ひとこといる
そんな形式ばらんでも他の会でお断りしたし、別の会も私がやりその時には何も言わなかったのに何故?
そんなやりとりのなか親父が血相を変えて「何故いかん!」となり、少し雰囲気が・・・・。

やり取りが長くなるので置きますが、要はその指摘した方に他の方々(いつもの3人組なんですが)が同調して個人攻撃をしてくるんです。私もバカバカしくて・・・。でも売り言葉に買い言葉ついついやってしまいました。

この集落はこの3人組と幼馴染の年齢者がいてこのグル−プがいつも会には出席するので、いつも結託して行動してます。自分達の思い通りに何でも決めたくて、時として基準が振れた判断も全員が同じように振れるから気付かないし、お互いをかばい合うので処置ナシって状態ですね。

昔から同じ空気を吸い、同じような食べ物を食べ、同じ景色を見て育つと同じような価値観を共有するのでしょうね。今回私はこの当番制についてある方法を、提案理由も話しながら皆さんに説明しましたが見事に(予想通り)却下されました。

その後、次年度のお世話係をこのグル−プから出さなければならない時に「おまんがやっちゃりや」と押し問答を繰り返してました。そんなことが起こらないように提案してたのにその話は忘れたのかと言いたくなりました。

今までにも幾度とこの様なことがありましたが、今夜は本当に腹がたちました。

いつまでも同じ事を繰り返していれば安心で楽、だから新しいことを言う人を排除するかの言動、耳新しいことはその内容ではなく、誰が言ったのかが重要で嫌いな奴の話は徹底的に聞かないそんなやり方をいつまで続けるのでしょうね、多分死ぬまで理解されないのでしょうねいや死んでも理解しようとしないのでしょうね。

なんか今夜ほど田舎が嫌やなと感じと事がありません、親父やおふくろに迷惑をかけるなぁ!






posted by かずま at 00:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。