2012年02月27日

自分に出来ること・・・。「献血」


昨日書いた「献血」のキッカケについて・・・・・・。

平成7年の阪神大震災がその始まりでした。勤めていた会社の事業所が阪神間にたくさんありました。
当時事業の復旧もさる事ながら、とにかく3日間ぐらいは状況把握で不眠不休状態でした。

結果奇跡的に社員を一人も失うことなく営業店舗の13箇所ぐらいが損壊、周辺が倒壊等で営業が出来なかったぐらいでした。
当時阪神地区にはまともには行けず、私はバイクで水や食料を社員の自宅に届けてました。

当時の惨状やエピソ−ドはありすぎて書けません。そんな中で残念なことをひとつ挙げるなら友達が倒壊した家屋の下敷きになっていたのを消防等の公的機関は生存の可能性がないと判断して救助活動しなかったことがありました。結局友人たちで救出しましたが幼い子供を残して友は帰らぬ奴になってました。被災2日目の夕方遅くでした。


ここで学んだことは「自分達のことは自分達で守る」このことが防災を考える上で重要なことだと

阪神大震災.jpg
      この写真は他より引用しましたが、阪神間の多くはこんな状態でした

こんな事から、ボランティアとは・・・・。助け合い・・・・。絆とは・・・・。なんかを考え出しましたね自分の人生観の転機だったようです。

日頃から人のために何かをと考え「献血」がそれでした。

CIMG5707.JPGCIMG5709.JPG

一度献血カ−ドを失くしたりもしました、カ−ドなく献血をしたりもしてますがこんなカ−ドをいつも持ち歩いてます。

来るべき東南海地震に備え「自分のことは自分で守る」を再確認しました


posted by かずま at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

献血と外食


 我が家では月に1〜2度は必ず野市(車で1時間30分かけて)まで行ってます。
 用件は小学4年生の息子がこよなく愛する「マクドナルド」での外食だけです。

 1年ぐらい前までは子供向けの「ハッピ−セット」ばかりでしたが、ここ最近食欲旺盛で「ビッグマックセット」が定番です。と子供のせいにしてますが実は私も嫌いではないから行ってるのがほんとうかな?

 

CIMG5684.JPG

 私は新商品は必ずチェックしますのでこの日は「ブロ−ドウェイバ−ガ−セット」をオ−ダ−。

 このバ−ガ−なかにパストラミが入っていてソ−スの味付けもよく、食感・味付けともに合格!!

 新商品に弱い消費者代表?




 サラリ−マン時代のひとコマ

日本マクドナルドが東京銀座に1号店を出店しはじめた頃から、日本に「外食産業」という言葉が耳慣れるようになったきたのです。
 
 私が大阪に居た時に・・・・・。昭和57年頃でしたでしょうか勤めていた企業の地区マネ−ジャ−をしている時に日本マクドナルドの創業者の「藤田 田」氏とお話させて頂く機会がありました。
 当時はすでに「時の人」だった藤田氏、緊張して何をお話させて頂いたかよく思い出せない状態でした。


 大手と言われる企業に勤め20代後半に仕事柄色々な方とお会いし、話させて頂いたことことが懐かしくまた貴重な財産になってますね。

 サラリ−マン時代の「人脈」今後も大切にしたいですね。

 


 ここでミニうんちく話  1つ目は「マクドナルド」を短く呼ぶのに
 
 東では「マック」西では「マクド」と呼ばれていました。最近の若い人達は多方「マクド」と呼ぶようになったとテレビでやってました。

  
 ミニうんちく話  2つ目は「マクドナルド」の名前そのものに関するうんちく

 日本での創業当初、フランチャイザ−である米国本部から「マクナルド」と「」ではなく「」と名付けられそうになったとか・・・・・。でも藤田氏は「」に拘ったと聞いてます。

「マクトナルド」  やっぱり「マクドナルド」ですよね。

 ミニうんちく話でした。真偽については保証しかねますご容赦下さい


 それと当日近隣の大手ス−パ−駐車場において、献血カ−が来てました。
 迷わず嫁と子供に「献血に行ってくる、20分ほど二人で・・・」と言い残し行きました。

 私、最近自己紹介する時に趣味は「献血」と話させていただいてます。3ヶ月に一度は必ず献血してます
 キッカケが実はありますがこれは次回に・・・・・。


CIMG5685.JPG

 血液が不足していますみなさん「献血」にご協力下さい!!




posted by かずま at 15:15| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

念願のカフェ


 先日所用で安芸市へ行きました。前々よりすごく気になってたカフェがあり行こう行こうと思いながらなかなか行けませんでしたがやっとのことで行って参りました。

 当日は友人たちと誘いあわせて(私が是非に・・・。って感じ)伺いました。

 そのカフェ「シエ・モンペ−ル」です。友人たちにその事を話したら半ば呆れ顔でこの店は大変有名なお店で「知らなかったのか?」とこんこんと話されました


CIMG5652.JPG

店内には壁面一体に水槽が並びまるで水族館のようです。またキリンもいたりしてます。
  
 木を使ったテ−ブル、イス店内の真中には丸テ−ブルもありゆったりと配置されてます。

 有名なのはお店だけでなくご夫婦でやられてるらしいですが奥様がデザイナ−でこの方が知る人ぞ知る有名な方のようです。きっちり名刺交換させて頂きました。

 ご夫婦ともにお話させていただきお二人共とても笑顔の素敵な方でした。この店のファンになりました。

 ランチもされているようで次回はランチを・・・・。この日チ−ズケ−キが売り切れで食べれませんでした。チ−ズケ−キも必ず食べに行きます。

 
 当日店内に入って正面にお雛様が飾ってありました。

CIMG5651.JPG

 ご夫婦、お店の雰囲気すべて大満足(コ−ヒ−は飲みましたが他は何も食べてません)次回はメニュ−の紹介をします。

 

いい店見っけ!!





 
posted by かずま at 22:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

chiikikatudou 地域活動と「よそ者」


 今日は一日中雨も降り続けで外出もせず、資料の整理や本などを読み漁ってました。
 3月になれば私の専らの仕事である「3月議会」が始まります。

 何となく色々と考えてますと頭の中を「何故?どうして?それで?」ってなフレ−ズが駆け巡ります。

 そんなひとつに「地域活動」や「地域おこし」のことで随分と時間が掛かりました。

 私は嫁の郷である北川村に来たのが2003年でした。9年目を迎えました。私は大阪生まれの大阪育ちです。長女(嫁)を貰い、一人息子(当時3歳)と共にこの地で生涯過ごそうと思ってます。

 大阪では永く会社勤めをしてましたがこちらへ戻る7年間は自営で飲食店をやってました。
 (自己紹介が長くなりそうでここらで・・・・・。また追々ブログで紹介します)

 そんな経験をこの「地域活動」や「地域おこし」にと思い、平成21年に村内にあったある団体を再結成させました。
 
 そんな活動も1年余りである事情で活動の中心から外れることになりました。


 この中山間の過疎地と言われ、いわゆる田舎と呼ばれる地域で昔から地域の先輩達が活動されてきましたが、ほとんどの団体が成功せず自立できないまま休止もしくは休眠状態になっている原因はなんでしょうか?

 私自身はこれに一定の答を見つけました。すべて書ききれませんが
  
  

  @組織を引き継いでいく人材難
  Aその組織を維持させていく財政的基盤の脆弱
  
                    
                       

                       の2点と思っています。

 継続している団体を見るとこのA点が出来てるいることがこの指摘を証明してますよね。

 田舎では活動の初期の段階では行政に、マンパワ−と財政的援助が必要です。でもそれらに頼り過ぎると必ず団体が活動でき無くなると確信してます。
 

 だから私はこのA点を活動の基軸と考え1年余りの期間でしたがその土台づくりに励みました。
 振り返れば短い期間でしたが会員数の増加、財政的にも内部留保が出来1年目の成果は充分にあったと考えています。
 

 この団体も行政から3年間の財政的補助を受け活動してましたが、その期限の3年目がこの3月です。
 その活動も活動拠点の事務所を撤退すると聞き及んでます。

 
 
 この団体が「よそ者」の意見にもう少し耳を傾けていたら過去と同じてつを踏まなかったかもしれません。いや現状に近い状況であるかもしれませんが活動の継続化には今までとは違う展望が見えたかもしれません。



 よく言われることで「地域活動」や「地域おこし」の成功に格言めいた言葉があります。

  「若者」 「よそ者」 「馬鹿者」

 私はこのことを信じて頑張り続けます。「よそ者」バンザイ! 

 慎太郎 (2).jpg

















 

 
posted by かずま at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

見つけました!! 春の訪れ


 今日はあいにくの終日曇り空でしたが、朝一番より仕事で村内をぐるりっと回ってました。

 すると野川地区で写真のようなまだまだまだ蕾ばかりの枝に気の早い「梅」「俺が(私が)一番だ!!」とばかり顔を見せていました。

CIMG5674.JPG

 少しずつ春の気配が確実に訪れてますね。そういえば今夜の我が家は6時過ぎに夕食を食べましたが、終えて部屋に戻って外を見たらまだ明るいことに気づきました。


 昨年は暗いニュ−スが多くて、気分が乗りきれませんでしたが少しホッとした気分になれました。


 次回は「よそ者」の体験をお伝えしたいと思います



posted by かずま at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。